千住 Public Network EASTの対象地域は、北千住駅東口地域である千住旭町、千住東2丁目、日ノ出町、柳原1丁目2丁目としています。戦前に建てられた古民家や、木密住居地域が広がり、下町らしい路地が多く存在します。その一方で、足立区内において最も空き家率の高い地域であり、無接道による再建築不可の建物も多く、防災としての課題も多く存在します。

北千住駅西側の賑やかな商業地域に対して、東側の商店街の裏側にひっそりとした住宅街には複数のアーティストの拠点がすでにあります。

千住Public Network Eastでは、この千住地域で活動したい方や店舗を構えたい方を誘致または発見し、拠点や住居を提供し、地域の人達や既存のコミュニティとの連携をつくること目指しています。

空き家利利用や人々の新しい繋がりによって、活気や賑わいを生み出し、それぞれが相乗効果を持ち、自発的で持続的な活動をしていく村のような関係性を築いていきます。

千住 Public Network EASTは、千住芸術村・ARCO architects共同体により運営され、この地域で活動される方々をコアメンバーとしてお呼びし、2017年12月に設立されました。